このページでは、Javascriptを使用しています。
 
 
院長挨拶
院長プロフィール
院長執筆文
   

ホーム>院長室

院長室

   院長だより

 

<急な耳症状に要注意>

 

 急に「耳が痛くなった」あるいは「急に聞こえなくなった」という耳症状は、患者さんにとってつらいものであり病院受診の大きな動機になります。それが治療開始を早める為、大抵の場合良い結果につながります。
  例えば、「急な耳の痛み」であれば急性中耳炎や耳を傷つけた後の外耳炎といった病気であり、速やかな投薬や処置あるいは鼓膜切開術で症状は和らぎます。一方「急な聞こえの悪さ」はその程度をどのように患者さんが感じるかによって受診時期にかなりのバラツキが見られます。高度な難聴の代表例として「突発性難聴」という病気がありますが、それでも治療可能な時期を逃してしまう患者さんも時にみられます。「突発性難聴」は、耳のずーっと奥にある内耳という部分に原因不明でおこる難聴ですが、発症から7日以内に治療すれば回復する場合が殆どです。大抵の場合入院する必要があります。
  ところが同じように急に内耳に病気が起こり難聴をきたしても、その程度が軽度や中等度の場合、難聴の自覚に乏しく、手遅れになってしまう事もしばしば経験します。受診時の症状としては耳閉感や耳鳴り、あるいは違和感といったものです。それでもついつい一時的なものだと思い様子を見ているうちに、天井がぐるぐる回るめまい発作をきたしたり、明らかな難聴を自覚して病院を受診したときには既に病気が進行して治療不可能ということもあります。ですからたかが「耳鳴り」あるいは「耳づまり」などと考えず、急に起こった場合には是非、耳鼻科を受診した方が賢明です。
  特に耳症状に関して注意を要する「急性感音性難聴」について当ホームページで当院の現状を紹介しておりますので御参照下さい。
詳しくはこちら