このページでは、Javascriptを使用しています。
 
 
院長挨拶
院長プロフィール
院長室
   

ホーム院長の執筆文トップ>中耳炎徹底治療が肝心

院長の執筆文

 

中耳炎 徹底治療が肝心
〜放置すると難聴の因に〜

「中耳炎」というとみなさんはすぐに「耳が痛い」とか「耳から汁がでる」という症状を思い浮かべるでしょう。このような症状があると、中耳炎ではないかと考えて、耳鼻咽喉科へかけつけることになると思います。実際、急性中耳炎と診断された患者さんの大半は、このような症状を持っています。

さてみなさんがこのような症状を思い浮かべるのに対し、診察する側の耳鼻咽喉科医は、まず「鼻水」「咳」「発熱」「のどが痛い」といった感冒症状を思い浮かべます。と言いますのは、急性中耳炎の、ほとんどは、何の前ぶれもなしに突然発症するのではなく、このような感冒症状にひき続いておこるからなのです。

乳幼児では「耳が痛い」と直接訴えることが出来ませんので「しきりに頭を動かす」「耳に手をやる」「不機嫌」「不眠」といった症状が前面に出ます。感冒症状を併せもっていると、中耳炎の存在はみすごされてしまう可能性がありますが、その時すでに中耳炎は始まっていることが多いのです。

このように感冒症状と中耳炎の密接な関係は「耳管」というパイプの存在を考えると容易に理解できます。つまり「耳管」とは「耳」と「鼻」を結んでいるパイプなのです。ふだんこのパイプは中耳内の粘液や老廃物を、鼻やのどに排出したり、中耳内の空気圧と外気圧との調節をしているのですが、「鼻」や「のど」に炎症が起こると、バイ菌がこのパイプを伝って、中耳に炎症をおこすことになるのです。

特に小児の場合では、このパイプが大人のそれと比較して短く、しかも水平に近い位置にあることから、より中耳炎がおこりやすくなっています。中耳炎がおこると、鼓膜は赤くはれあがり、鼓膜の奥(中耳)に「うみ」がたまります。この段階で病院へ行きますと、はれあがった鼓膜に切開を入れて、はれを取り除くとともに、中にたまった「うみ」を外に出してやることで、症状は随分楽になり、後で鼓膜がほとんど正常に治癒することになります。

乳幼児の場合、痛みの訴えがわかりにくいため、耳から汁が出て初めて病院に連れてくることが多いのです。できるだけ早めに気づいてあげたいものです。また、一度中耳炎にかかったなら、以後「風邪」の症状には気をつけてあげることです。中耳炎を放置したり、徹底的に治療しないでいると、慢性化して鼓膜に穴があいたままとなり、難聴を残したり、穴があいているため、耳管からだけでなく、外からもバイ菌が入りやすくなります。また、穴があかなくとも、最近増加傾向にある「滲出性中耳炎」といって、鼓膜の奥に水がたまり、難聴、耳閉感、耳鳴のような症状をひきおこし、集中力が欠如し、飽きっぽくなったりします。

「滲出性中耳炎」は、痛みや外部の症状がないため、家庭の中ではみすごされる可能性がありますが、乳幼児の場合は、特に重要な幼児期の初期教育の障害にもなりますので、現在、専門医による検診の必要性が望まれています。

琉球新報 「子どもの健康」   (源河朝博)