このページでは、Javascriptを使用しています。
 
 
耳の病気
喉の病気
鼻の病気
 

ホーム耳鼻科の病気トップ鼻の病気>鼻茸・鼻中隔湾曲症

耳の病気

副鼻腔炎(ちくのう症)鼻茸・鼻中隔湾曲症アレルギー性鼻炎

 

鼻茸

  鼻茸とはアレルギー性鼻炎や慢性の炎症によって粘膜が腫大した良性のポリープのことを言います。粘膜の腫れがキノコのように突き出して見られることから鼻茸と言われています。良性のため命に関わることはありませんが、大きさやできた場所によっていろいろな症状を起こします。まず一番多いのが鼻づまりです。臭いを感じる神経がある場所を圧迫して臭いがわからなくなることもあります。内服や点鼻薬などの治療で改善がなければ、内視鏡を使った手術を勧められる事もあります。

鼻中隔湾曲症

  鼻中隔は鼻の中を左右に隔てている骨の仕切りを指します。この骨が成長の段階でゆがんで発育していくことは多く、逆に全く湾曲がないことは稀と言われています。つまりほとんどの大人が左右どちらかに多少の鼻中隔湾曲症を持っていることになります。特に湾曲の程度がひどい場合には、鼻づまりをおこしやすくなります。これに鼻炎の症状が加わるとますます鼻づまりが悪化し、鼻の中の換気が不十分になり細菌が繁殖して炎症をおこし副鼻腔炎を引き起こします。いびきの原因ともなります。


          
   長く続く鼻づまりには要注意だぞ〜 



  *鼻中隔湾曲症の種類
  鼻中隔湾曲症 説明図
  クリックすると解説つきの大きい写真を見る事ができます。